オススメできる睡眠薬と安全に利用できる通販サイトの紹介をしています。睡眠薬の種類や使い方の知識をつけより安全で効果的に睡眠薬を使いましょう!

オススメの睡眠薬

眠っている女性

睡眠薬には様々な種類があり、不眠症の症状によって適す適さないがあります。
ここでは初めて睡眠薬を使う人、現在使っている人も簡単に自分に合った睡眠薬に出会えるサポートをしています。

不眠症の症状

【入眠障害】

寝つきが悪く30分以上経っても眠れない。

入眠障害にオススメの睡眠薬はコレ!!
【中途覚醒】

睡眠の途中で目が覚め、目が覚めてから寝れない

中途覚醒にオススメの睡眠薬はコレ!!
【早朝覚醒】

朝早い時間帯に目が覚めてしまう。

早朝覚醒にオススメの睡眠薬はコレ!!
【熟睡感欠如】

熟睡感が感じられない症状で、寝たりない感じがある。

熟睡感欠如にオススメの睡眠薬はコレ!!

※不眠症の症状は上記の症状が組み合わさって起こることも考えられます。

睡眠薬の時間

超短時間型

作用時間:2~4時間
服用から1時間以内で効果がピークに達すると言われています。

超短時間型にオススメの睡眠薬はコレ!!
短時間型

作用時間:6~10時間
服用から1~3時間ほどで効果がピークに達すると言われています。

短時間型にオススメの睡眠薬はコレ!!
中間型

作用時間20~24時間
服用から1~3時間ほどで効果がピークに達すると言われています。

中間型にオススメの睡眠薬はコレ!!
長時間型

作用時間:24時間以上
服用から3~5時間ほどで効果がピークに達すると言われています。

長時間型にオススメの睡眠薬はコレ!!

睡眠薬とサプリ

【ソクナイト】

ルネスタのジェネリック医薬品で、効果や安全性、作用時間のバランスが良いと世界的に有名な睡眠薬です。
服用して30分ほどで眠ることができ、持続時間は5時間ほど続くため入眠障害や途中で目が覚めるなどの不眠症に効果的な睡眠薬です。

一番人気!
ソクナイト
評価
★★★★★
価格
4,050円~
内容量
50~150錠
1錠価格
64円~
有効成分
エスゾピクロン/2mg
ソクナイトの購入はこちら
【ハイプロン】

ソナタのジェネリック医薬品で、寝ようと思ってもなかなか寝付けない、眠るまでに時間がかかる入眠障害に効果的とされています。
抗不安作用もあり、服用することで気持ちが落ち着くことから悩みごとがあって寝付けない人にもオススメです。

なかなか寝付けない人はコレ!
ハイプロン
評価
★★★★
価格
4,050円~
内容量
100錠
1錠価格
40円~
有効成分
ザレプロン/10mg~
ハイプロンの購入はこちら
【メラトニンタイムリリース】

自然な睡眠を促すとされ、昼夜逆転した生活の改善や体内時計の調整が期待できるサプリメントです。
緊張や不安が緩和され、質の良い睡眠を得る手助けをしてくれます。

体内時計改善に効果的
メラトニンタイムリリース
評価
★★★★
価格
1,620円~
内容量
100~300錠
1錠価格
13円~
有効成分
メラトニンなど/10mg
メラトニンタイムリリースの購入はこちら
【ロゼレムジェネリック】

ロゼレムは睡眠と覚醒のスイッチを切り替えることで自然な眠りに導く効果が期待できます。
安全性が高い睡眠薬ですが、重度の不眠症には効果が期待できないため、不眠症の症状が重めの方や不安や精神的な問題が原因の場合、ソクナイトなどがオススメです。
通販では原料不足のため品切れが続いています。
代用としてソクナイトやメラトニンタイムリースがオススメです。

品切れ中
ロゼレムジェネリック
評価
★★★
価格
5,580円~
内容量
100錠
1錠価格
55円~
有効成分
ラメルテオン/8mg

オススメの通販サイト

お薬なびのホームページ

通販を利用して医薬品を購入するうえで大切なのが、どこのサイトが信頼できるかです。
ここでは個人的に利用している『お薬なび』が信頼して利用できると言えます。
今まで利用して問題なく医薬品を使うことができています。
確実に本物の医薬品を取り扱っている信頼できる通販サイトと言えます。
カスタマーサポートも丁寧で、日本人のスタッフが丁寧に対応してくれます。
取扱いの種類も多く、価格も全体的に安いと言えます。
実際に利用した人の口コミもあり、本当に信頼できるか参考にできます。
注文方法が他の通販サイトと比べて豊富なため、利用しやすいメリットがあります。
会社情報・個人情報の取扱いの明記・セキュリティーなどを見ても安心できる運営を行っていると言えます。

睡眠薬を通販で購入する方法

パソコンを操作する人

睡眠薬は専門のクリニックに行くことで処方してもらうことができます。
総合病院で受付に相談することで、適切な受診科を見つけることができます。
睡眠外来や睡眠科という専門科で受診しますが、内科でも不眠症の症状を説明すると処方されることがあります。
睡眠薬は病院で処方してもらうのが一般的ですが、通販で購入する人が近年では増えています。
利用者が50万人突破したというサイトもあるほど利用者が多いです。
通販を利用することでメリットと感じることが多いため利用者が増えているようです。
病院へわざわざ時間を割いて出向く必要もなく、出費を抑えて購入することができます
医薬品を選択→配送先の情報入力→決済方法選択
このような流れでスマホやパソコンから注文することができます。
電話注文、メール注文、FAX注文が対応している通販サイトもあります。
パソコンやスマホが苦手な人でも簡単に注文することができます。
※通販サイトによって注文方法は異なります。注文方法が豊富な通販サイトが利用しやすいためオススメです。

睡眠薬を通販で購入するメリット

通販で睡眠薬を購入するメリット最大のメリットは価格が安いことです。
病院に行く手間を省き交通費などの出費を抑えることができます。
通販では扱っている睡眠薬の種類も豊富で、自分に合った睡眠薬を見つけることができます。
日本の病院では処方してもらうことができない睡眠薬のジェネリック医薬品を購入することができます。
思い立ったときに注文でき、価格も安く長期的に考えると経済的な負担が軽減できます。

睡眠薬を通販で購入するデメリット

医薬品の通販は海外から医薬品を個人輸入して取り寄せる仕組みになっています。
個人輸入は手続きが大変複雑で一般の方には難しいとされていまが、これらの手続きを代行してくれる業者が通販サイト(個人輸入代行業者)ということになります。
そのため、通販で購入する医薬品は海外から発送されます。
飛行機の遅延や天災、税関での混雑などによって注文から到着まで時間がかかる場合があります。
通販サイトのほとんどが注文確定後のキャンセルができないため、注文ミスには注意が必要です。
通販では偽造品を扱う悪質な業者によって実際に健康被害にあったというケースもあります
利用する通販サイトはしっかりと調べて、利用するようにしましょう。

通販(海外医薬品個人輸入)について

通通販で医薬品を購入することに疑問を持っている人は少なくありません。
違法では?と考える人はその中でも多いと言えます。
医薬品の通販は海外から医薬品を個人輸入する仕組みになっています。
通販サイトは海外から個人輸入する際に必要な手続きを代行して行ってくれます。
個人輸入した医薬品を家族や友達に譲渡したり、販売すると違法行為になります。
また、注文する数量にも規定があります。
これらの条件を満たせば医薬品を個人輸入したからといって違法にはなりません。
しかし、海外から個人的に医薬品を輸入して使用することは全て自己責任になります。
副作用が出た場合、病院へ行っても対応できないことがあります。
医薬品が本物か偽造品かも正確に分からない状態で、処置してしまうと逆に症状が悪化する可能性があるからです。
通販で医薬品を購入することはできますが、悪まで自己責任という事は忘れないで利用してください。

不眠症の原因

心理的原因
ストレスとの関連が深い不眠
眠れなくなった前後の出来事を思い返し、詳しく検討することで原因が明らかになる。
※仕事・家庭・人間関係などの問題によって悩みを抱えることで起こることが多いとされています。

身体的原因
身体の怪我や病気が原因で起こる不眠
身体的な怪我や病気を治療することで改善が期待されます。
※事故などによる怪我や、関節痛・喘息発作・花粉症・頻尿・蕁麻疹などが原因で起こることが多いとされています。

精神医学的原因
精神や神経の病によって起こる不眠
専門医師の適切な治療が必要とされています。
※うつ病が原因と言われることが多く、慢性的な不眠症の3分の1は精神医学的な疾患を持っていると言われています。憂鬱な気分や、今まで楽しめたことが楽しいと感じない、落ち込んだり不安な状態が続く場合は注意が必要です。

薬理学的原因
服用しているものが原因で起こる不眠
普段から服用しているものを確認し、服用を減らすことで改善が期待されます。
※医薬品・お酒・カフェイン・ニコチンが原因とされており、医薬品は抗がん剤や自律神経や中枢神経に働く薬などがあげられています。医薬品が原因の場合、服用を自己判断で減らすことは危険ですので医師と相談しましょう。

生理学的原因
睡眠が取れない環境によって起こる不眠
睡眠が少しでもとりやすくなるように環境を変えたり、身体がリラックスできるように工夫することで改善が期待されます。
※出張や旅行による時差ボケや仕事のシフトなどによって生活リズムが乱れて起こるとされています。

睡眠薬の種類

様々な種類の薬

睡眠薬には様々な種類があり、種類によって効果も異なります。
緊張状態を緩和させたり、睡眠を誘発して持続するなどの様々な効果があります。
自分に合った睡眠薬を見つけて安全に使うためにも、睡眠薬の種類について知ることは非常に大事なことと言えます。

バルビツール酸系

最も古い睡眠薬で、麻酔に近く非常に強力な特徴があります。
効果が強いことから副作用や依存、耐性がつきやすいとされています。
危険性が非常に高いこため、現在では睡眠薬として利用されることはほとんど無いようです。
※イソミタール、ラボナ、ベゲタミンA配合錠などがあります。

ベンゾジアゼピン系

バルビツール酸系を安全に改良された睡眠薬で、副作用などの危険性を軽減させ、効果も期待ができるバランスのとれた睡眠薬です。
命に関わるような危険性はないが、服用が辞められなくなる依存性があるとされています。
使い続けないように注意が必要です。
※ハルシオン、レンドルミン、リスミー、デパスなどが該当します。

非ベンゾシアゼピン系

ベンゾジアゼピン系が安全に医療された睡眠薬で、病院で処方されることが最も多いです。
ベンゾシアゼピン系は服用後に転倒などの危険性がありましたが、非ベンゾシアゼピン系はその危険性もないとされています。
効果はしっかりとあり、依存や耐性もつきにくいことから現在では主流となる睡眠薬です。
※ルネスタ、ソナタ、アモバン、マイスリーなどが該当します。

メラトニン受容体作動薬

従来の睡眠薬と異なり、自然な形で睡眠を促すとされています。
体内時計を正常に戻す働きも期待できる睡眠薬で、生活リズムの乱れや夜型の人にオススメとされています。
副作用がほとんどなく、安全性は高い特徴があります。
耐性や依存もないとされていますが、効果は比較的穏やかです。
効果が現れるのに2週間~1ヶ月ほどかかるとされ、時間をかけて改善するとされています。
安全性に重視した睡眠薬で、軽度の不眠症にオススメとされています。
※ロゼレムが該当します。

オレキシン受容体拮抗薬

従来の睡眠薬とは全く異なり『眠らせる』というより『覚醒状態を抑制する』ことで眠りに導くとされる睡眠薬です。
効果は従来の睡眠薬と同等とされ、耐性や依存がほとんどないため安全性が高いです。
効果には個人差があるようですが、効果を感じる人にとっては非常に優秀と言われ人気があります。
※ベルソムラが該当します。

睡眠薬の服用タイミング

笑顔の男性

睡眠薬の服用は眠る30分~1時間前が良いとされています。
種類によって効果のピーク時間が異なるため断言はできませんが、ほとんどの睡眠薬の服用タイミングは大きな差がありません。
服用は寝る前?夕食後?と服用タイミングについての質問を耳にします。
睡眠薬の服用は寝る前が良いとされています。
理由は睡眠薬のピークを過ぎて寝ようとした際に、効果が薄く感じてしまい服用量を増やす人がいるからです。
しっかりと効果のピーク時間を把握して、ピーク時間に合わせて床につくことが良いと言えます。
食後の服用は薬の吸収が遅くなる可能性があるため、効果が十分発揮されない場合があります。
そのため、睡眠薬の服用のベストタイミングは寝る30分前後が望ましいと言えます。
服用はどうしても眠れないときだけにするようにしてください。

睡眠薬の副作用

頭を抱える女性

近年では安全性が高まっている睡眠薬ですが、医薬品ですので副作用はあります。
副作用には個人差があり副作用が出る人もいれば、全く感じないという人もいます。
その日の体調によっても副作用が現れる可能性があると言われています。
しかし、用法用量をしっかりと守ることで、副作用の症状はあまり感じないと言われています。

【持ち越し効果】
睡眠薬の効果が残っていて目覚めが悪く、朝起きてもだるいなどの症状。

【早朝覚醒】
効果の持続時間が比較的に短い『超短時間型』や『短時間型』の睡眠薬を使うことで起こる症状で、朝早くに目覚めてしまう症状。

【記憶障害】
一時的に記憶が途切れる症状で、アルコールと一緒に飲んだり、持続時間の短い睡眠薬を大量に副作用した際に現れやすいと言われています。

【反跳性不眠・退薬症候】
作用時間の短い睡眠薬に起こりやすいと言われている症状で、睡眠薬の服用を継続的にしている場合、突然中止することで不眠の症状が起こりやすいと言われています。

【筋弛緩作用】
高齢者の人に起こりやすいと言われる症状で、作用時間の長い睡眠薬を服用した際、体に力が入りにくくなり転倒などの原因になる症状。

【奇異反応】
超短時間型の睡眠薬を副作用した際、アルコールを一緒に摂取した人に起こりやすい症状で、攻撃的な行動を取ったり、興奮しやすくなる症状。

睡眠薬と併用NGなもの

コーヒー

【アルコール(お酒など)】
お酒と睡眠薬を一緒に摂取することで、睡眠薬の効果が効きすぎる可能性があります。
また、記憶障害・奇異反応・持ち越し効果などの副作用を起こしやすくなるとされています。

【グレープフルーツジュース】
睡眠薬以外の薬でもよくグレープフルーツジュースは飲み合わせとしてよくないと言われています。
グレープフルーツを飲むことで、薬の成分がうまく分解されない為、効果が強く出る可能性があります。

【カフェインを含む飲み物】
よく眠気覚ましにコーヒーを飲んだりするように、睡眠薬とは逆の目的として使われているカフェインは睡眠薬との併用はよくないとされています。
効果が薄く感じてしまう可能性があります。
また、カフェインの特徴に酵素の代謝を促進させる働きがあります。
その働きによって、分解が早くなり尿となって排出されます。
夜間頻尿で起きる結果となり、十分に睡眠が取れなくなる可能性があります。
また、睡眠薬を服用して夜間移動することは転倒やふらつきによる怪我のリスクを高めてしまいます。

【牛乳やアルカリイオン水、炭酸水など】
はっきりとした臨床研究がされていませんが、薬の成分の吸収を阻害する可能性があり、効果が薄くなったり感じなかったという原因に繋がると言われています。
睡眠薬との併用は控えたほうが良いでしょう。

睡眠薬と妊娠について

妊娠している女性

不眠症の悩みを抱える女性に多い悩みが、妊娠中または出産後の睡眠薬の服用です。
このような悩みは多く、妊娠・出産後に不眠症になる女性は多くいます
そんな時に睡眠薬を服用することで子供にどのような影響が及ぶのか心配ですよね。
これから睡眠薬と妊娠について紹介します。

妊娠中の睡眠薬服用は?

妊娠中は睡眠薬や精神安定剤の服用は原則としてNGとされています。
理由は奇形の可能性が考えられるからです。
妊娠前から服用していて、あとから妊娠に気づいたという場合も注意が必要です。
妊娠4週~12週末は心臓や手足、目や鼻などの主要器官が形成される時期だと言われています。
この時期に睡眠薬を服用したことによって、奇形が起こる危険性は高いと言われています。

妊娠中に服用できる睡眠薬とは

上記にあるように『妊娠中の睡眠薬服用は原則としてNG』です。
しかし、妊娠前に服用していた場合、急に睡眠薬を辞める事で大きなデメリットが起こる場合は医師と相談することで服用するケースもあるようです。
このような場合、『非ベンゾジアゼピン系(ルネスタ、ソナタ)』の睡眠薬を服用してもよいとなっています。
しかし、服用した場合の授乳はNGとされています。
非ベンゾジアゼピン系以外のメラトニン受容体作動薬(ロゼレム)、オレキシン受容体拮抗薬(ベルソムラ)などの服用も問題ないとされていますが、科学的根拠はないとされているため服用は控えましょう。
体への負担の少ない睡眠薬も開発されてきていますが、妊娠中に服用しても安全だということはありません。
薬に個人差があるように、同じ妊婦でも服用したときの影響に差があります。
妊娠中は睡眠薬に限らず、可能であればどの薬も服用はしない方が良いと言えます。
決して自己判断はせず、医師の指示に従ってください。

出産後の睡眠薬服用は?

出産後の睡眠薬服用は控えた方が良いでしょう。
母体が吸収したものは母乳にも含まれる事が考えられるからです。
睡眠薬の影響で子供の眠気が強くなるとされています。
その結果、哺乳がうまく取れなくなり、子供の成長が止まってしまうと言われています。

どうしても睡眠薬を服用しなけらばいけない場合、上記のことをしっかりと守りましょう。
また、服用する前には医師にしっかりと相談して医師の指示に従いましょう。

まとめ

仲良く眠るカップル

寝付けない、途中で目が覚めるなどの症状は精神的にも肉低的にも辛いものです。
寝不足は放置すると糖尿病やガンのリスクを高めてしまう危険性が考えられます。
できるだけ早めの改善のためにも睡眠薬をオススメします。
通販では病院で処方さる薬と同等の睡眠薬を購入することができます。
多くの睡眠薬は、その日のうちに効果を得ることができます。
服用から20分ほどで眠ることができ、寝つきが悪い場合にも有効とされています。
不眠症は改善することで疲労もとれ、様々な不調を改善できます。
また、仕事の効率化アップにも不眠症の悩みは解決が望ましいです。
睡眠薬の用法と用量をしっかりと守り、正しい利用で早めに改善しましょう。
そして、心身ともに健康な毎日を手に入れましょう。
睡眠は人が生きていくうえでも大切なことです。
健康や精神的にもダメージが大きいと考えられることからも、症状悪化の前に早めの改善・対策がオススメです。