不眠症の解消法、その原因や種類について詳しく解説しています。不眠症にお悩みの方はご参考にして下さい。

オススメの睡眠薬の通販 TOP > 不眠症とは

不眠症とは

不眠症とは

不眠症とは、睡眠障害の一種です。なんらかの原因によって十分な睡眠を得られない事で、日中にも様々な支障をきたしてしまいます。不眠症には4つの種類がありますが、その原因、種類、症状、解消法などをご紹介します。

不眠症をたかが寝不足と侮るのは危険です。うつ病などの精神疾患や、ガン、糖尿病、心臓病などにかかるリスクがあがってしまうと言われています。睡眠に少しでも不満を感じている方は、早めに解消するようにしましょう。

不眠症の解消法

不眠症を解消するには、いくつか方法があります。どの解消法があっているかは個人差がありますが、代表的なものをご紹介します。睡眠にお悩みがある方は、できるだけ早めに改善するようにしましょう。

睡眠薬

不眠症で病院に行くと、まずは睡眠薬を利用した投薬治療を用いる事がほとんどです。睡眠薬は即効性があるものが多く、服用したその日から効果を得られます。ほとんどの方は、服用して15~30分程度で眠りにつく事ができ、最も簡単に確実に不眠症を解消できる方法です。

睡眠薬の中でも現在主流になっているのはルネスタ、ソナタ、マイスリーなど非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。安全性が高く、依存などになる危険はほとんどありません。また、体内時計を正常に戻す効果のある新しいタイプの睡眠薬ロゼレムも人気になっています。

上記の睡眠薬は、本来は病院で処方してもらわなければ入手できませんが、現在は通販を利用すれば病院に行かずに簡単に購入する事ができます。いつでもどこでも購入でき、ご自宅まで届けてくれるため大変便利です。眠れなくて困っている方は、通販で睡眠薬を購入して早めに改善しましょう。

生活習慣を改善

不眠症を改善するには生活習慣も大切です。まず、最も大切なのは、体内時計を崩さない事です。お仕事がある日は眠れないからとお休みの日に寝だめをするのが習慣になっている方もいらっしゃるかもしれません。ですがそうすると一日のスタートが遅れてしまい、夜に眠れなくなり、翌日のお仕事の日に起きにくくなってしまいます。できるだけ体内時計を崩さないように、お休みの日でも、お仕事がある日よりも起床時間が2時間以上遅れないようにしましょう。

また、体内時計を整えるという意味では食事の時間も大切になります。3食決まった時間に食事をとる事で体内時計も正常に保たれます。できるだけ毎日同じ時間に食事をとるようにしましょう。なお、眠る直前に食べ過ぎてしまうと眠っている時間に胃腸が消化活動をするため、眠りが浅くなってしまいます。夕食はできるだけ早い時間に済ませ、消化が良いものを食べるようにしましょう。

夏場はシャワーで済ませる方も多いかもしれませんが、できるだけ湯船につかるようにしましょう。眠る前に湯船につかる事で深部体温をさげ、眠りやすくしてくれます。また、リラックス効果を得る事ができます。ただし、熱すぎるお湯では逆効果になってしまいます。38~40度程度のぬるめのお湯にしましょう。

睡眠環境を改善

睡眠環境を改善

質の良い睡眠をとるためにも、睡眠環境を整える事は大変大切です。中でも重要なのは、光、温度、音です。まず、眠る前に強い光を浴びてしまうと眠れなくなってしまいます。500ルクス以上の光は浴びないようにした方いいのですが、特に気をつけたいのが、スマホ、パソコン、ゲーム、テレビなどのブルーライトです。眠る前にスマホを見るのが日課になっている方もいらっしゃるかもしせんが、熟睡するためにはせめて眠る1時間前は光は控えましょう。

室温は、冬は16~19度、夏は26度以下とされています。布団をたくさんかければ室温が低くても構わないと思われている方が多いようですが、室温と布団の中の温度差があると布団内の温度が調整しにくくなってしまいます。湿度は50%前後が理想と言われています。冬は乾燥しますので加湿器などを利用しましょう。逆に夏は湿度が高くなるため、通気性の良い寝具にするなどしましょう。

音については言うまでもありません。騒音の中でよく眠れるという方はあまりいらっしゃらないでしょう。眠る環境として最適なのは、図書館のような静けさとされています。ただし近隣の交通事情、ご家族などの生活音によって静けさが保てない場合もあるでしょう。そのような場合は耳栓を利用したり、お部屋に防音設備をつけるなど対策をとりましょう。また、最近は眠りによいBGMなども多くありますので、リラックスできる音楽を探して、眠る前に聴いてみるのもおすすめです。

不眠症の症状・種類

不眠症は、さらに4種類にわけられます。ご自分の症状を知っておきましょう。まず、最も多いのは「入眠障害」です。これは布団に入ってからも30分以上眠れない症状で、日本では多くの方が悩まされています。年齢や性別問わず発症します。2つ目が「中途覚醒」です。一度眠っても、起床する時間までに何度も目が覚めてしまう事です。途中で目覚めてしまうため、眠りが浅くなってしまいます。

3つ目が「早朝覚醒」です。起きようとする時間の2時間以上前に目覚め、その後眠れなくなってしまう症状です。年齢があがるほどこの症状があらわれやすくなってしまいます。最後は「熟眠障害」です。目が覚めてしまう事はほとんどありませんが、睡眠が浅く、睡眠時間のわりには眠った感じが得られず、疲れがとれません。

不眠症の原因

不眠症の原因

不眠症の原因は非常に多くの事が考えられますが、大きく分けると5つになります。1つ目は「身体的要因」です。痛み、かゆみ、アレルギーなど、身体に何らかの不具合があり、眠れなくなったり浅い眠りになったりしてしまいます。2つ目は「生理学的要因」です。体内時計が狂ってしまう事でおこり、不規則な勤務、時差ボケなどによっておこります。

3つ目は「心理的要因」です。ストレス、緊張、悩み、事件や事故などのトラウマ、死別などによって眠れなくなってしまいます。4つ目は「精神医学的要因」です。精神疾患によって発症します。うつ病などが関係し、中には幻覚、妄想などがあらわる場合もあります。5つ目は「薬理学的要因」です。お薬の影響によって眠れなくなってしまいます。お酒、カフェイン、ニコチンなども含まれます。

まとめ

不眠症は、日中の効率も悪くし、病気になるリスクもあげてしまいます。種類、原因は様々ですが、ご自分にあっている解消法を見つけましょう。最も簡単で効果がある解消法は睡眠薬を利用することです。現在は通販を利用すれば、病院で処方されるのと同じ安全性の睡眠薬を購入する事ができます。睡眠でお悩みの方は、睡眠薬を利用して早めに改善するようにしましょう。