ルネスタの効果や通販で購入する方法について解説しています。副作用や使い方についても解説しています。

オススメの睡眠薬の通販 TOP > ルネスタとは

ルネスタの効果

目覚めがいい女性

ルネスタは服用して20分ほどで眠りにつくことができ、特に寝付けないという入眠障害のある人に効果が期待できます。
作用時間が長く睡眠の途中で起きてしまう、朝早くに目覚めてしまうなどの症状にも効果があるとされています。
入眠作用以外にもリラックス作用もあるため、悩みや不安が原因で寝付けない場合にも有効的です。
ルネスタを使うことで、落ち着いた気持ちで眠りにつくことができます
副作用もほとんどなく、耐性がついたり依存する危険性もほとんどありません。
効果の即効性も期待でき、安全性が高い事で人気な睡眠薬です。
初めて睡眠薬を利用する場合、安心して利用できる睡眠薬と言えます。
ルネスタは病院処方と通販購入の2つの方法で購入することができます。
通販ではルネスタと同等の効果が期待でき、さらに価格の安いジェネリック医薬品も購入することができます。
通販を利用することで処方箋がなくても簡単に注文でき、経済的負担を軽減することができます。

ルネスタのジェネリック医薬品

ルネスタには様々なジェネリック医薬品があります。 ルネスタと同等の効果が期待できるジェネリック医薬品は価格が安いためお得に購入することができます。

【ソクナイト】
一番人気!
ソクナイト
評価
★★★★★
価格
4,050円~
内容量
50~150錠
1錠価格
64円~
有効成分
エスゾピクロン/2mg
ソクナイトの購入はこちら
【ハイプナイト】
価格が安い!
ハイプナイト
評価
★★★★★
価格
3,320円~
内容量
50~100錠
1錠価格
63円~
有効成分
エスゾピクロン/1mg~
ハイプナイトの購入はこちら
【フルナイト】
フルナイト
評価
★★★★★
価格
4,000円~
内容量
50~150錠
1錠価格
68円~
有効成分
エスゾピクロン/2mg
フルナイトの購入はこちら

おススメの通販サイト

お薬なびのホームページ

通販を利用して医薬品を購入するうえで大切なのが、どこのサイトが信頼できるかです。
ここでは個人的に利用している『お薬なび』が信頼して利用できると言えます。
今まで利用して問題なく医薬品を使うことができています。
確実に本物の医薬品を取り扱っている信頼できる通販サイトと言えます。
カスタマーサポートも丁寧で、日本人のスタッフが丁寧に対応してくれます。
取扱いの種類も多く、価格も全体的に安いと言えます。
実際に利用した人の口コミもあり、本当に信頼できるか参考にできます。
注文方法が他の通販サイトと比べて豊富なため、利用しやすいメリットがあります。
会社情報・個人情報の取扱いの明記・セキュリティーなどを見ても安心できる運営を行っていると言えます。

ルネスタの通販購入

スマホで作業する人

ルネスタは病院処方が一般的ですが、通販を利用することで病院に行かずにいつでも簡単に購入することができます。
仕事が忙しくて病院へ行けなかったり、人に見られたくないなどの理由があって病院へなかなか行くことができない場合もあります。
症状が悪化する前に睡眠薬を上手に利用して早めに改善すれば、肉体的・精神的な疲労を取ることができます。
携帯かパソコンを持っていればインターネットを使って24時間いつでも通販でルネスタを購入することができます

睡眠薬を通販で購入するメリット

通販で睡眠薬を購入するメリット最大のメリットは価格が安いことです。
病院に行く手間を省き交通費などの出費を抑えることができます。
通販では扱っている睡眠薬の種類も豊富で、自分に合った睡眠薬を見つけることができます。
日本の病院では処方してもらうことができない睡眠薬のジェネリック医薬品を購入することができます。
思い立ったときに注文でき、価格も安く長期的に考えると経済的な負担が軽減できます。

睡眠薬を通販で購入するデメリット

医薬品の通販は海外から医薬品を個人輸入して取り寄せる仕組みになっています。
個人輸入は手続きが大変複雑で一般の方には難しいとされていまが、これらの手続きを代行してくれる業者が通販サイト(個人輸入代行業者)ということになります。
そのため、通販で購入する医薬品は海外から発送されます。
飛行機の遅延や天災、税関での混雑などによって注文から到着まで時間がかかる場合があります。
通販サイトのほとんどが注文確定後のキャンセルができないため、注文ミスには注意が必要です。
通販では偽造品を扱う悪質な業者によって実際に健康被害にあったというケースもあります
利用する通販サイトはしっかりと調べて、利用するようにしましょう。

通販でルネスタが購入できるのはなぜ?

スマホの操作に苦戦する女性

通販でルネスタが購入できるのは海外から医薬品を個人で輸入する形になるからです。
通販サイトは海外から医薬品を輸入する際に必要な手続きを代行で行ってくれます。
そのため、通販を利用している人は注文して自宅に商品が届くのを待つだけです。
個人輸入を通販サイトが代行してくれるため、難しい手続きをしなくても医薬品を簡単に購入することができます。

外医薬品の個人輸入は違法じゃないの?

海外医薬品の個人輸入は違法では?
このような声をよく耳にします。
海外の医薬品を使うというだけで、不安に感じる人が多いのに個人輸入という言葉まで聞くとさらにいろいろと不安になりますよね。
医薬品の個人輸入には決まりがあり『購入者本人のみの使用』『規定の数量を守る』これらをしっかりと守って利用することで違法にはなりません。
家族の注文を代理でした場合や、親しい友人に分けたなどといった譲渡や転売を行うと違法になります。
これらの決まりをしっかりと守り、問題なく安全に利用しましょう。

参照:https://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html

ルネスタは市販で購入できる?

『市販で購入できないの?』
よくこのような質問を耳にします。
ルネスタは医師の処方箋がないと購入できない『処方薬』になります。
医師の診断の元、症状や頻度に合わせて処方されるため、市販で購入することはできません
市販で購入できる薬は『市販薬』で、症状や状態に合わせた調剤ではないため慢性的な不眠症に効果が期待できません。
眠りが浅い、寝つきが悪いなどの一時的な不眠症の緩和に利用されるのが市販薬になります。

ルネスタは優秀な睡眠薬

笑顔の医者

ルネスタは多くの睡眠薬が発売されている中でも、効果の強さや安全性、即効性や作用時間などをトータルで考えると非常にバランスのよい睡眠薬です。
長短時間型の睡眠薬になるルネスタは効果の即効性があり、15~30分程度で効果を得ることができます。
作用時間は4~5時間程度あり、超短時間型の睡眠薬の中では最も持続時間が長いとされています。
そのため、入眠障害以外にも中途覚醒などの症状にも効果があるとされています。
翌日まで眠気が残ってしまうことがほとんどないことから人気があります。
睡眠時間が6~7時間程度の人は朝までぐっすりと熟睡できるでしょう。
ルネスタはこれまでの睡眠薬とは異なり、熟睡できる効果があるため睡眠の質を改善してくれる期待ができます。
『眠ったのに疲れがとれない』などの熟睡障害の場合にも効果が期待できます。
ルネスタは催眠作用以外に『抗不安作用』があります。
不安を緩和させ、リラックスさせる効果が期待できます。
リラックスした状態で眠りにつくことができるため、精神的な原因で不眠症になってしまっている場合にも効果的とされる睡眠薬です。

ルネスタの正しい使い方

寝る男性

寝る前に服用する
ルネスタは服用して早ければ15分ほどで眠気を感じることができます。
服用後に作業したり、お風呂に入ったりすることで、ルネスタの効果を逃してしまう可能性があります。
効果を逃し、効果を十分に感じることができなかった。という理由で服用量を増やしてしまうケースがあります。
また、睡眠薬を服用後はめまいや転倒の危険があるのでルネスタを服用した場合、すぐに眠ることができるタイミングにしましょう。

空腹時に服用する
胃袋に食事が残っている状態(食後や満腹時)にルネスタを服用すると、ルネスタの効果を十分に実感できなくなる可能性があります。
効果を実感できないからと服用量が増えたり、依存や耐性が形成されるリスクに繋がります。
安全に安心して利用するためにも空腹時の服用を推奨します。

仮眠はしない
作用効果が4~5時間ほどとされているため、仮眠程度の短い時間の睡眠のために使うのはよくないとされています。
仮眠のつもりが寝過ごしてしまったり、起きても効果が持続していて目覚めが悪かったり、だるさやふらつきによる転倒の危険性があります。

長期間使用している場合急に中断しない
ルネスタに限らず、睡眠薬を長期的に継続して使っている場合、急に薬の服用を辞めてしまうことで、不安感や不眠、イライラ感などの『離脱症状』が現れる可能性があります。

ルネスタの副作用

寝れない女性

ルネスタは非常に安全性の高い睡眠薬です。
重篤な副作用が起こることはほとんどないと言われていますが、医薬品である以上は全くのゼロではありません。
副作用としてあげられているのは下記の通りです。

睡眠薬である事を考えれば『眠気』は副作用ではなく、本来は効果にあたります。 ただし、即効性があるためルネスタの服用はすぐに眠れる準備ができたタイミングが良いとされています。 服用した後に何か作業をしたりすると、めまいや転倒などの危険があります。 また、ごく稀に記憶障害が起こることがあります。 これは文字通りルネスタを服用した前後の記憶がないという状態です。 このような副作用を起こさないためにも、ルネスタを服用したらすぐに眠るようにしましょう

ルネスタの併用禁忌薬

ルネスタは、併用できない薬、または併用に注意が必要な薬がいくつかあります。
服用している薬がある場合、ルネスタを服用する前に確認しましょう。
マイスリーやデパスなどの中枢神経阻害薬は併用できません。
同じような働きがあるため、効果や副作用が強く出る可能性があります
ただし、不眠症などの症状が重い場合、2種類以上の薬が処方される場合があります。
その場合は医師の指示に従って服用するようにしましょう。
その他にシメチジン、アゾール系抗菌薬、マクロライド系抗生物質などの薬との併用も注意が必要になります。
効果が強く出すぎたり、逆に効果が得られない場合があります。
それ以外にも服用している薬があり心配な場合、ルネスタを服用する前に医師に相談するようにしましょう。

ルネスタが向いている方

ルネスタが向いている方

睡眠薬はそれぞれ特徴があります。数ある睡眠薬の中でも、ルネスタは下記のような方に特に向いていると言われています。

・入眠障害の方
・悩みや不安などがあって眠れない方
・中程度までの不眠症の方
・慢性的な不眠症の方
・眠りが浅い方

上記の方に特に向いている睡眠薬です。超短時間型に分類されますが、作用時間は他の睡眠薬に比べると長いため、中途覚醒、早朝覚醒の方にも効果があると言われています。途中で目が覚めてしまうものの他の睡眠薬では強力すぎるという方は、一度ルネスタを試してみましょう。

ルネスタが効かない場合

ルネスタは効果の高い睡眠薬ですが、中には効かない場合もあります。服用しても効果がなかったという方は、下記の点を確認しましょう。

■満腹状態で服用している

ルネスタをはじめ、睡眠薬は満腹時に服用するとお薬の成分が吸収されにくくなってしまい、効果が半減してしまいます。眠る直前に飲むことを考えると食後すぐに服用する事は少ないかもしれませんが、夕食が遅くなってしまった場合は、食後からできるだけ時間をおいて服用しましょう。

■早朝覚醒の方

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の中では持続時間が長いお薬です。そのため、中途覚醒の方にも効果があると言われていますが、睡眠時間が長く、早朝覚醒の症状がある方は、朝まで持続せずに効果がないという場合もあります。そのような方は、作用時間のが長い睡眠薬に変更するなど検討しましょう。

■カフェインを飲んでいる

当然ですが、コーヒー、お茶、紅茶などカフェインを含むもので服用しては、カフェインの影響で効果が半減してしまいます。一緒に飲まない事はもちろんですが、できれば夕方以降はカフェインを摂取しないように心がけましょう。

■症状が重い

ルネスタは睡眠薬としてしっかりと効果がある事で定評がありますが、不眠症の症状が重いと効果がないケースがあります。ルネスタは過剰摂取しても死に至るような危険性はほとんどありませんが、服用量が多くなれば依存になりやすくなってしまいます。ですのでむやみに量を増やすのは危険です。ルネスタが効かない場合は、医師に相談して強い睡眠薬に変更するなどを検討しましょう。

ルネスタの依存

ルネスタは安全性の高いお薬ですので、依存になってしまうことはほとんどないとされています。依存とは、文字通り、お薬に頼ってしまって服用をやめられなくなる事です。タバコやアルコール依存症をほとんど同じ現象です。

依存になってしまう危険はほとんどありませんが、服用期間が長く、服用量が多ければ依存になりやすいと言われています。ですので服用する量、期間には気をつけなければいけません。

また、薬の成分としては依存になる危険は高くはありませんが、精神的な面で依存にならないように注意しましょう。症状がほとんど改善されているのに、「薬を飲まないと不安だ」となり、いつまでもお薬をやめられない方もいらっしゃいます。症状が軽くなってきたら、しっかりとやめる意志を持つ事が大切です。

ルネスタの耐性

ルネスタの耐性

依存同様、ルネスタには耐性の危険はほとんどないと言われています。耐性とは、同じお薬を長期間服用し続ける事によって体が慣れてしまい、効果が半減してきたり全く効かなくなってしまう事です。睡眠薬などは長期間服用するお薬ですので、一般的に耐性が形成されやすいと言われています。

耐性の危険な点は、効かなくなってしまったために服用量がどんどん増えてしまう可能性がある事です。これにより、依存につながり、服用をやめられなくなってしまう方もいらっしゃいます。

ルネスタも耐性が形成される危険はゼロではありません。ですので、耐性を形成しないためにも正しく服用する必要があります。服用期間が長くなりすぎないようにする、むやみに用量を増やさない、などの点を気をつけましょう。

まとめ

不眠症は日常の疲れがとれにくいだけではなく、ガンなど様々な病気になるリスクが高まってしまいます。ただの寝不足と考えず、早めに対処する必要があります。最近はルネスタなどのような安全性の高い睡眠薬が販売されています。病院で処方される睡眠薬ですのではるかに効果は高く、服用するだけで20分程度で眠りにつく事ができます。抗不安作用があるため、悩みなどがあって寝つけないという方にも大変有効です。

ルネスタは薬局などでは販売されておらず、病院に行かなければ入手ができません。通販を利用すれば、病院に行かずに簡単に購入する事ができます。症状が悪化してしまう前に、早めに改善しましょう。しっかりとした質のよい睡眠をとれるようになれば疲れにくくなり、お仕事や家事などの効率も格段にアップし、精神的にも落ち着くためイライラしてしまう事も減って快適な生活を送れるようになるでしょう。